天神山の大しだれ桜

2024.3.27(水)

時系列的にちょっと前のお話なんですが…福岡県にある築上町にあるしだれ桜を見に行くことに。

最近は大分県を旅行していたので間に福岡県を挟むのが嫌だったので、大分県の旅行が終わってからと思っているとちょっと遅くなってしまいました。

ここのしだれ桜は期間限定でライトアップしているので見に行ってみることに。

日が沈んで暗くなる前に見たしだれ桜は圧倒的な存在感があり、白色、薄ピンクの満開の桜が綺麗で幻想的でした。

ライトアップしたしだれ桜も綺麗。

ライトアップの時間は2時間できっちり2時間撮影しつつ見て楽しむことができました。

福岡城跡

2024.3.2(土)

志賀島観光を終えてから福岡市内にある福岡城跡地に来ました。

まずは資料館へ行きお勉強。

福岡城は結局関ヶ原の戦いで功績を上げた長政が筑前50万石を徳川氏から与えられて初代藩主になるということなんですね。

でもたしか、この福岡城の築城に官兵衛が関わっていて最高傑作と謳っていたってどこかの資料で目にしたんだけどなぁ。

御朱印を購入しました。

すぐ近くにあった『鴻臚館』に立ち寄ってみました。

ここは…国史跡なんですね。

『鴻臚館』は飛鳥、奈良、平安時代の外交使節をもてなす施設だったそうです。

「うわぁ〜これは…発掘作業大変だっただろうなぁ。」と思いながら資料を見学。

この時代に瓦が多く出土しているということからここは寺的な建物があったのかなぁ?と思った。

柱も四角に掘られているところを見ると、やっぱりここが特別な施設だったんだろうなぁと思います。

あと気になったったのが、この遺跡からトイレの遺構が発見されているということだった。

木簡を細く切ってトイレットペーパーになるものも多く出土しているらしく実に面白いですね。

移動して天守の方へ、天守へ登る石段は結構キツくてこれは大変だっただろうなぁと思った。

またですかぁ…毎回毎回こういう施設などに来た時はこんな感じで立入制限をされている。

桜の咲く季節だと映えるんだろうなぁ。

福岡県 志賀島

2024.3.2(土)

前回の投稿『馬ヶ岳〜御所ヶ岳』の終わりに少し触れた金印。

今回はそれが出土した志賀島に来ました…ここは私『水曜どうでしょう』ファンの一人として来てみたかった場所の一つです。

あぁ、ここから四国八十八ヶ所に向かって行ったのかぁ…と思いつつ島を観光する事に。

まずは金印公園に来ました。

階段を登って上まで行ってみます。

景色のいい所でした。

島を時計回りに一周して神社があったのでお参りをする事に。

鳥居の前に清め砂があって『左、右、左』の順で清めます。

すごく迫力のある鬼と龍でした。

お守りを購入しました。

葉っぱの形が一枚一枚違うので、個性ある形を選びました。

偶然に立ち寄ったこの志賀海神社は海神の総本社で龍が集まると言われ『龍の都』と称されているそうです。

偶然にも今年は辰年…なにかいいことがあったらいいなぁ。

志賀島に来る途中に志賀島名物サザエ丼という幟だったか看板だったかを目にしていたので気になったので昼食をいただく事に。

店内には多くの有名人のサインがありました。

美味しかったです、ごちそうさまでした。