障子ヶ岳 ★☆☆☆☆

2024.6.8(土)

アジサイの時期ですよねぇ〜。

アジサイでちょっと面白いエピソードを思い出したので書いてみようと思う。

2年前のちょうど今頃、日本をママチャリで駆け抜けていた時のことでその年初めて和歌山県の最南端あたりでアジサイを見た、で…北上して旅をしているのでアジサイ前線と一緒に北上するので結局7月の終わりくらい(北海道)までずーっと季節の花がアジサイだった。

味見峠桜公園に駐車し、準備して出発。

この公園をちょっと奥に行ったところに登山口がある。

6時30分にスタートしました。

自然のトンネルが素敵でした。

キノコ…毒かなぁ。

もう直ぐ山頂。

これが城跡…もうなんかゴルフコースみたい。

7時ちょうどに山頂に到着、標高は420mくらい…字が薄くてちょっと分からない。

ムラサキツユクサだそうです。

この絶景でいただくのはカロリーメイトチョコ味(朝食)

椎葉村

2024.6.2(日)

昨日久しぶりに野宿をして、朝早くに目が覚めた…6月に入ったとはいえ朝はまだちょっと冷える。

そこから椎葉村へ向けて出発…途中まではよかったんだけど…途中からもう道は狭くなるし、工事で迂回、標高も上がっていくので車のエンジンが唸る…車大丈夫かなぁ?

大泉さんの言葉を借りるなら、「工事工事、迂回迂回の高い高いの狭い狭い!!」さすが3大秘境。

私はこれで日本3大秘境(岐阜の白川郷、徳島の祖谷、宮崎の椎葉)を制覇したことになります。

道の駅から2時間くらいのドライブでようやく到着。

ここ椎葉村には観光客専用駐車場というのがあってとっても親切。

メインストリートを歩いていると、センスのいい絵があったのでパシャリ。

メインストリートをちょっと散策…

日曜日だからなのかほとんどのお店が閉まっていました…残念。

まずはここで歴史と文化のお勉強。

椎葉民俗芸能博物館…館内には椎葉村のお正月とかの行事のものなどを展示していました。

特に今回ここにきたかった理由は『柳田國男』実は今柳田國男の遠野物語を読んでいて椎葉村について調べていると、なぜかここでも柳田國男の名前が出てきたので気になったというのも理由の一つ。

なんでも柳田國男が初めて自費出版した本というのが『後狩詞記』という本でこの本の内容というのが椎葉村での狩猟だったり風土記について書かれたからこの椎葉村と柳田國男とゆかりがあるということだそうだ。

館内の4階から外に出て神社でお参り。

それから那須家住宅を見学。

椎葉ダムを見に行くことに…ここのダムはちょっと変わったダムの放水で見たかったのですが…残念ながら放水はしていませんでした。

そういえば最近雨降ってなかったもんなぁ…残念。

それでもここからの景色はよかったです、下の水の色がちょっと毒々しい感じ?いや、綺麗ということにしておこう。

本来はこんな感じで左右から放水するみたいです。

その後は、だいぶ離れるんだけど、『仙人の棚田』の展望台に行ってみたが…ここも道は狭く標高も上がる。

苦労してきた甲斐あってこの景色、棚田は好きでよくみに行くんですがこんな感じでこじんまりとした棚田もいいですねぇ。

椎葉村の町でお店が閉まっていたので、道の駅でそばを頂きます。

やっぱり、祖谷の時もそうでしたがこのような山ではそばの栽培がいいのだろうか?

美味しかったです。

最後に、大きなヒノキがあるということなので見に行くことに…ここも狭い道と急勾配を上り到着。

駐車場から歩くこと数分で姿が現れた!

ほんと立派だなぁ〜!もう少し近寄ってみることに。

この幹の曲がり具合とかが凄い!!なんか元気出た!!

また時期を変えて来てみたいなぁ。

メッセ日南

2024.6.1(土)

高千穂峰登山を終えてから、メッセ日南へ。

ここにモアイがあることは随分前から知っていたけど、なかなか行く機会がなくて…やっと来れた。

そもそもなぜここ宮崎にモアイ像があるのだろう?それと…本物?などいくつか疑問があったので実際に訪れてみた。

モアイ像はチリ沖にあるイースター島という島に存在していて、16世紀〜17世紀に部族間で内戦が起き、その時にモアイ像を破壊されたりしたそうです、そして風化、劣化が進みます。

そして、現在は放送が終了してしまいましたが…『世界ふしぎ発見』という番組で黒柳徹子さんがこのモアイの復興を呼びかけたのが始まりだったと記憶しています。

その時の功績が認められて、日本にモアイ像を複製する許可がイースター島の偉い人からの許可が下りたそうです、で、この日南に建設することになったそうです。

日本には他にもいくつかのモアイ像が展示されていたりしますが、たしか唯一本物のモアイ像が宮城県にあるみたい…これもいつかみに行ってみたいなぁ。

ここに着いたのはもう午後3時…閉館まであと2時間くらいしかない、ちょっと急足で見学。

駐車場を出て右行くと坂がありちょっと行くとモアイが見えた!が…人が多い…後回し。

一番上まで行くとこのようなオブジェがありました。

ちょと階段を下りるとこの景色。

あの建物にはレストラン、世界の昆虫標本の展示とモアイに関する資料が展示されていました。

徐々に下がって行くと石で描いた蝶のアートだったり、上の黄色い人の写真の七色バージョンなどがありました。

一通り見てモアイ像の所へ来ましたが…まだまだ人が多い状況だったので人間観察をしてみた。

観光客は日本人、中国人、韓国人って感じでした。

みんな写真を撮ったり動画を撮ったり、一体一体と写真を撮っている人もいれば数枚写真を撮ってすぐに立ち去る人など様々でした。

一つのグループの人達がこんな会話をしていた。

「俺のiPhone だからなぁ、アンドロイドとかGoogle pixelとかだとこの人とか消せるんだよねぇ?いいよなぁ。」

みたいな感じ、それは私も同感でした。

ようやく人がいなくなったなぁと思って時計を見ると、閉園五分前…急ぎ撮影をして撤収。

私的にはこの下の写真のアングルがお気に入り、本当は夕方に太陽光がモアイに当たってすごくよかったんですが…残念ながら撮影する時間にはもう日の光が当たらなくなっていました…残念。

みんなが恋愛やら結婚やら仕事がどうのこうの言いているのが聞こえてきていて、建物の所で写真を撮っているのに気がついた。

どうやらこういう事だったんですね…だから一体一体と写真を撮っている人がいたのかと理解した。

そして、10号線を北上して次の目的地に向かっていると…なんだか見覚えのある建物、だったりお店が…「あぁ、ここ2年前にママチャリで縦断した時に野宿した道の駅だ!!」

で、急遽今日の夜に到着予定だった目的地を諦め2年ぶりに懐かしの場所で野宿してみた。

高千穂峰 ★☆☆☆☆

2024.6.1(土)

今回は鹿児島県と宮崎県の境にある高千穂峰に来ました。

まずはこの山について少しご紹介したいと思います。

ここ高千穂峰は神話の舞台になったと言われている場所で、『天孫降臨(てんそんこうりん)』の地とされています。

*天孫降臨とはアマテラスオオミカミの孫ニニギノミコトが神の住む地高天原から地上に降り立ったと言われている所。

ニニギノミコトが天孫降臨した際に天の逆鉾を突き刺したという伝説が残っています。

天の逆鉾は逆に突き刺さっている、つまり逆だと思われていたが最近では『逆(さか)』ということではなく『賢さ』や『繁栄』を表す意味なんじゃないかという説もあるようだ。

他にもこれを作ったのが薩摩(現在の鹿児島)の16代当主島津義久が建立したとか…色々な説があります。

駐車場から撮った一枚で、「あの右が山頂か?すげぇなぁ〜」と思っていましたが…実は違うんですねぇ…まぁ、それはおいおい。

ここにはビジターセンター、食事処、などがあります。

9時50分に出発します。

今回の登山ルートはこんな感じです。

10時ちょうどに登山口に到着、ここから本格的な登山になります。

最初はこんな感じで石畳が続きます、影になっていて暑くなくてちょうどいいです。

ここからちょっとずつ登りが始まります。

コガクウツギだと思われます、そこらじゅうに咲いていました。

今回の登山は火山を登っていくので足場はお世辞にもいいとは言えません…握り拳大の石にその石が細かくなって滑るしこの傾斜角。

下ってくる人は足を取られて転けている人や靴のソールが取れて歩きづらそうに降りてくる人もいました。

登山前にどこかでソールの剥がれがないか?靴紐は大丈夫か?みたいな注意看板を見た気がしたが、特に気にすることなくここまで来たが…まさか本当にソールが取れている人に出会うとは思いもしませんでした。

今回の教訓は登山前の準備でソールのチェック、ソールが取れた時用の何か対策を考える必要があると思った。

ミヤマキリシマです、ビジターセンターで咲いているとは書いていましたが散り気味とあったので残っていてラッキーでした。

普通に写真を撮ってもこの傾斜をうまく表現できないのが悔しくて、ちょっとしたから煽り気味に撮影してみました…だいたい立った状態から見た傾斜に近いと思います。

駐車場があんな遠くに…そして、現在立っている場所が駐車場から見た時の左側の峰のところです…でちょっと行くと…

お鉢でした !!かなり迫力のあるお鉢でした、駐車場から見て右の山頂だと思っていたのがこのお鉢の一番高いところでした…で、振り返ると。

もう一個奥に峰が…まさかあれが山頂!?

なのでお鉢の奥に高千穂峰の頂があり駐車場からは見えなかったんです。

クモがいたんですが…こんなクモ見た事ないなぁ…いや、そんなことよりよくこんな高い所に生息しているなぁ。

ここでお参りをして最後の登りに挑みます。

ここからもまた傾斜がキツく、降りてくる人とのすれ違いと足元の滑る土質に注意して登りましょう。

11時20分に無事登頂しました!1時間半くらいで登頂できました。1574mでした。

そして、今回なぜここに来たかというと…高千穂峰の頂に突き刺さっている『天の逆鉾』

これを幕末の英雄坂本龍馬が妻お龍とこの山に登り一緒に引き抜いたと噂されている鉾で随分前から見てみたいなぁと思っていたので今回これが実現できて本当によかった。

ここに来て思ったけど…あの鉾は本物なのかなぁ?レプリカ?ビジターセンターで聞いてみたらよかった。

12時30分に無事下山しました、それからビジターセンターを訪れじっくり見学。

天の逆鉾のレプリカが展示されていました。

他にも、龍馬が天の逆鉾を引き抜いた時の様子やスケッチなどが書かれた書状を姉に送っている資料なども展示されていました。

御所ヶ谷2 ★☆☆☆☆

2024.5.25(土)

今日は登山口→中門→馬立場石塁→西門→奥の院→景行神社というルートで散策です。

登山口、今日は真っ直ぐに進みます。

ヒモヅルという植物だそうです。

中門に到着。

ノアザミ。

馬立場石塁の分岐点まで来ました、左に行くと馬立場、右に下ると西門。

馬立場石塁。

西門へ。

分岐?しているようには思えないんだけど…とりあえず下ってみる。

タツナミソウ属って出たんだけど…なんか葉っぱがちょっと違う感じなんだよなぁ。

西門に着いたんだけど…第二西門へ行ける道が見当たらなかった…さっきの分岐の看板まで戻ってじっくり矢印方向を見ると…どうやらこの石垣の裏側のところを登っていく感じだ…ここ登っていいの?ってなるんだけど行ってみる。

こんな感じで、うっすらと道?らしき感じになっているので進む。

第一見張り台に到着するも…木で全く見えません。

第二見張り台に到着するも…見えん。

ちなみに見張り台からの景色はこんな感じ…うーん。

ここを下ってちょっと行くと…

前回来た分岐に到着、ここから下って神社の方へ。

ここからの景色はなかなか良くて、前回もここで景色を見ながらちょっと休憩。

今回も約2時間くらいのお散歩でした。

高千穂峡

2024.5.18(土)

本日の目的地に行く前にちょっと寄り道。

随分前に来た大分県宇佐市の爆弾池、区長さんが教えてくれていたとおり麦が黄金色になっていました、一部収穫が始まっていたのでもう少し早めに来た方がよかったなぁ。

夕方とかだともっと綺麗だったかも…。

高千穂に向かう途中に何やら秘密基地っぽい所を発見!

どうやら昔は上がれたみたいだけど、今は倒壊の恐れがあって無理みたいだ。

この木がすごく大きくて御神木とかになり得そうな感じの大木でした。

やっと到着、高千穂にある天岩戸神社。

天照大神様がお出迎え「ありがたいなぁ〜。」

では早速天岩戸を拝みに行こうと思ったのですが…どうやら神職の方に案内してもらう感じになっていました。

9:00〜16:40までの間に30分おきに案内があるようです、所要時間は15分くらいだと思います。

案内が始まると、まずこの御神木の話になります。

『招霊の木』神職曰く天岩戸の前で踊っていた時に持っていた木の枝というのがこの招霊の木だそうで、他の神社でも御神木として祀っている所もあるそうです。

この後、この木の奥に入っていくんですが…まずは祈祷してから。

*神域なので写真、動画の撮影はNGです。

ちょっと下った所から見えました!

「えっ!あんなデカいの!?」

「もっとこじんまりとしたのをイメージしてた、引き篭もったってくらいだから…なんだろう…こう膝を抱えていじけるくらいのスペースしかないと思ってた。」

岩戸の前にしめ縄があるんだけど、それも説明してくれたのですが不明な点もあるようです、しめ縄についている名前がちょっと分からないんだけど…その数が7、5、3とあって七五三の由来だとか。

神職曰く、ここに閉じ籠った天照大御神が外が騒がしいと岩戸をちょっと開けた時にそこにいた神様が岩戸をものすごい勢いで開けたのでその岩は遠く長野県の戸隠というところまで飛んでいいたとか。

神社を奥に進んでいくと『天安河原』に行けます。

天気も良くて土曜日ということもあって人は多かったです。

「ここで神様が集まって会議をしたところかぁ」

上でちょっと書いたしめ縄の753。

ここからちょっと私的神話会議解釈。

*私の脳内での神様会議なので神様を信仰している方々には申し訳ありませんあらかじめご了承ください。

神1「いや〜、しっかし困ったもんだよなぁ〜あんなところに引き篭っちゃって…おかげで太陽がないから辺りが暗いよ。」

神2「ほんとだよなぁ…しかも引き篭った理由がアイツの弟が悪戯ばっかりするからだろぉ?家族の問題だろぉ?やめてほしいよなぁ…いい迷惑だぜ。」

神3「愚痴る暇があったらなんか意見出せよ!一生このままだぞ!!」

神1「そんなこと言ったって、おめぇよぉ〜…力ずくで開けりゃいいんじゃねぇ!」

神3「バカかテメェは?そんなことできる訳ないだろ!」

神2「じゃぁオメェなんか案出せよ。」

神3「んー…そうだなぁ…岩戸の前でどんちゃん騒ぎでもするか?」

神1、2「おっ!いいねぇ〜、そりゃ名案じゃねか!!、早速準備して…神4お前踊るの得意だろぉ?岩戸の前で踊ったら良いんじゃねぇ?」

神4「私踊るわー!」

で、天岩戸前でどんちゃん騒ぎをしていたら…

天照大神「なんだか騒がしいわねぇ?何やってるの?」

神3「あっ!今ですねぇ〜貴方様よりも位の高い神様がいらしてまして…おもてなしをしているところでございます。(全部うそ)」

天照大神「えぇ〜?私より位の高い?」で岩戸を少し開けた。

神2「オィ今だ神1!」

神1「おりゃ!」で岩戸をぶん投げて世界が明るくなりました、めでたしめでたし。

とまぁ、こんな感じの会議をしていたんじゃないかなという場所です。

ちょっと移動し(車で20分くらい)高千穂峡へ。

しかし、ここでちょっとした問題が…ここに駐車場があるんですが…駐車料金が300円、財布を開けると5000円札、小銭は数百円しかありませんでした…いや、お金はあるんだけど…「あのぉ〜5000円札でも大丈夫ですか?」

店員さん「えっ!?まじ!?小銭とかもないですか?…うわっ〜お釣りないかも…ちょっとみてきます…何とかありました。」

っていうやりとりがありました…駐車場に停める際は小銭を持っておきましょう。

ここは随分前に一度来ているのですが絶景があるのでまた来ました。

昔はこんな感じじゃなかった気がするんだけどなぁ、なんか道綺麗になってる?

前は大きな岩が転がっている近くまで行けた気がしたんだけどなぁ。

出ました!絶景!!何度来てもいいところだなぁ、前回来た時は前日に大雨が降って川の水が濁っていたのでちょっと残念でしたが今回は完璧な状態でした。

次はあのボートに乗って下から滝を見てみたいなぁ。

弾丸の高千穂旅行でしたが、よかったです。

前回この地を訪れたのは2017年の7月…もう6年も前のことだったんですね…時の流れは早いなぁ。

御所ヶ谷 ★☆☆☆☆

2024.5.11(土)

ここ御所が岳の山頂は以前馬ヶ岳から縦走して山頂に行きましたが、今回は御所ヶ岳の登山口から山頂へ向かう事に。

Googleマップで御所ヶ岳と検索すると…みやこ町の方にルートが表示されたので従って行っていると、農場の方へ…とても登山口があるようには思えなかったので、地図で再確認しようとすると農場の方が出てきて話を伺うとどうやらちょうど反対側の行橋市に登山口があるとのこと。

地図で御所が岳神籠石中門に目的地を変更して、到着。

6時50分に出発。

登山口手前に何やら大きな石があるそうなので行ってみることに。

こんな感じで真ん中に水が流れて削れた感じでちょっと歩きにくいので、右側の所を歩くことに。

あった…たしかにデカイ。

この岩の奥から東門というところへ続いているみたいなので行ってみることに。

道がなくなり藪に…藪を漕ぎ分け進む気にはなれなかったので引き返して登山口に向かう。

駐車場から25分くらいで到着。

今回はこんな感じのルート、現在地(登山口)→東門→列石→ホトギ山(山頂)→奥の院方面→中門→登山口→駐車場。

最初はちょっと急登。

列石に到着、ちょっと休憩をしてスタート。

途中にはこのように列石の保存らしき箇所も。

急登になり始めたのでおそらくもうすぐ山頂だろう。

分かれ道に到着、ここから左に100mで山頂だそうだ。

7時40分に無事登頂…しかし、パッと見ただけで空中に何やら5匹ほど何かが飛んでいる…クマバチだ。

本当奴らは何なんだろう?花の蜜を吸いにきている訳ではなくただ空中でホバリングをしているだけ…写真を撮ろうとしゃがんでいると、かなり近寄ってきます…ほらこの写真の私の左に黒い点…クマバチです。すぐさま撤退。

分岐点まで帰ってきて、まっすぐ進み奥の院の方へ。

途中に巨石の下に台座のようなものが…これ乗せたのかなぁ?それとも自然に?謎です。

ここで分岐、真っ直ぐ行けば奥の院、右に曲がれば中門。

中門の方に進むとこのようなところに出ました、ここはどうやら景行神社と組積建物跡。

ここからの景色は結構良かったです。

階段を下りて中門へ。

石垣が…

よく積んだよなぁ。

ここが中門で、国史跡に指定されているみたいです。

登山口に帰ってきました。

帰りは池の所をと通って帰ることに。

8時50分に無事駐車場に帰りつきました、約2時間の登山でした。

今回訪れた御所ヶ谷は『御所ヶ谷神籠石(こうごいし)』という国指定史跡で簡単にざっくり説明すると、昔〜昔〜(663年)に白村江の戦いが現在の韓国の西部で起きました、白村江の戦いは唐(現在の中国北東部)と新羅(現在の北朝鮮と韓国の北部)が百済(現在の韓国西部)の領土に戦争を仕掛けました、そこで百済が日本に助けを求め日本も軍を出しましたが結果は大敗。

その時に唐と新羅が攻め込んでくることを懸念して九州と中国地方に山城を築き始めます、発掘調査の結果ここもその時代の山城だそうです。

登山と遺跡巡りが出来る一石二鳥の場所でした。

赤城山 ★★☆☆☆

2024.4.29(月)

赤城山へ向かう途中に大きな鳥居が、その向こうには赤城山が。

きつい山道を上って駐車場に到着。

朝8時20分ですがもう結構車が停まっていました。

この駐車場の向かいにも駐車場がありました。

準備をして8時35分に駐車場を出発しました。

湖を横目に歩道を歩きます、登頂して下りてきた時には手漕ぎボートに乗っている人もちらほらいました。

赤城神社を通り過ぎてちょっと行くと…

駐車場がありました…ここにはトイレはありません。

8時50分に登山口に到着、駐車場から15分くらいでした。

さて、8時50分にスタートしました。

熊出没注意の張り紙があったので鈴を装備しました。

始まりから岩場と急登ががしばらく続きます。

青い空が近づいた、この岩場を抜けてちょっと行くと…この絶景。

分岐点に到着、左に行くと山頂。

9時40分に無事登頂。

駐車場から約1時間の登山でした、絶景スポット2分とあったので行ってみることに。

ちょっと霞んでいますが、絶景でした。

ちなみにすごい多くの人が思い思いに休憩していました。

10時45分に無事駐車場に下山しました、約2時間の登山でした。

美ヶ原 ★☆☆☆☆

2024.4.28(日)

霧ヶ峰から車に乗ること1時間、ようやく同長野県にある美ヶ原に到着。

ようやくというのも…道中急な坂道にワインディングロードで大変でした…車酔いしそうな方は要注意です。

ここ美ヶ原高原美術館には時間がなく残念ながら見ることはできなかったんですが…目的は登山なのでしょうがないです。

登山道ではなく美ヶ原ハイキング道いる口とあります。

まぁ、文字通りの登山になりました。

2時35分にスタートしました。

最初はこんな感じの木道が続きます。

写真中央に何やらアンテナらしきものが…まさかあの辺か?…地味に遠いななぁ。

真っ直ぐ行くと、ちょっとした展望台みたいな感じで、左に行けば王ヶ頭。

こんな感じの石段になります。

ちょっと雪が残っていました。

ここは…なんだろう?宿泊施設かなぁ?

この道を右の方へ進んでいくと…

ちょっとひらけます。

しばらく歩くと、他の登山客がここ美しの塔で鐘を鳴らしていました。

分岐がありました、左に行けばトイレと書いてあったような気がします、なので直進します。

ようやくこのアンテナの所につきました。

左の建物はホテルでした、凄くオシャレな感じでした。

最後にちょっと坂道がありましたが、ほとんど平坦で歩きやすくさすが百名山の中でも入門と言われているだけの山でした。

結構すごいアンテナ…

このすぐ先、王ヶ頭が美ヶ原最高峰になります。

15時45分に無事登頂しました、スタートしてから50分。

16時40分、無事駐車場に帰って参りました。

往復で2時間くらいのお散歩でした。

霧ヶ峰 ★☆☆☆☆

2024.4.28(日)

久しぶりの百名山…今回は長野県にある霧ヶ峰へ。

ゴールデンウィークということもあって、駐車場はいっぱい…まぁ、GWはどこに行ってもいっぱいですよね。

運よく無料駐車場に止めることができました、道を挟んで反対側は有料駐車場と書いてありました。

駐車場から左の方にある銀色の建造物のところが山頂です。

12時12分にスタートしました、最初はジャリみたいな感じです。

ちょっと登ると、握り拳よりちょっと大きい石になります。

しかし、いい天気…あぁ、最高!!

ある程度登ったところから後ろを振り返ると、絶景。

見えました!球体!!

12時45分、無事登頂しました…約30分。

気象観測の施設だったみたいです。

ちょろっと富士山が…おいおい登ります。

待ってろよぉ〜。

このプレートにはここから見える名だたる山々が名を連ねていました。

お祈りもしっかりして、この後の登山も上手くいくように手を合わせてきました。

この先からぐるっと回って駐車場に行けるルートがあるんでしょうが…今回は時間がなくてすぐに下山しました。

ロープウェイがあるんだけど…あれはどこから乗るんだろう?

13時25分に無事下山しました、登山時間は往復で1時間くらいでした。

久しぶりの登山、リハビリにはちょうどいい感じでした…急ぎ次の山へ。